キャッシング 総量規制 

キャッシングの総量規制とは?

キャッシングは一般的に総量規制と呼ばれる制約を受けます。これは貸金業法によるもので、新たな借入は年収の3分の1を超えて利用できないというものです。
かつては専業主婦などでも利用できることができましたが、今では収入がなければ利用できないことになっています。
今まで利用できたものが利用できなくなると、当然困る人達が多く発生したことから、銀行のフリーローンなどを利用する人が増えています。
銀行なら貸金業法の適用は受けませんので、年収がなくても利用が可能なのです、もちろん所定の審査が通ることができればですが、収入がないのに審査に通るはずもないと疑問に思う人も多くいると思いますが、その場合は配偶者などの収入などで判断されていると理解していたほうが無難です。ですので、仮りに利用できるにしても配偶者には相談する必要があります。
これと同じで学生でも利用できるものもありますが、もしもの時は親に連絡がいくはずです。