キャッシング 保証人 連帯保証人

保証人と連帯保証人の違いは?

キャッシング保証

 

保証人と連帯保証人は、
どちらもその契約内容を保証する人という意味ですが、
大きな違いがあります。
キャッシングや借金の場合、
この違いが大きな問題にもなりますので、
しっかりと理解しておきましょう。

 

 

保証人と連帯保証人の違いとは?

 

保証人と連帯保証人の違いは、
契約内容をどこまで保証するかです。

 

”保証人”の場合には、借りた本人への取り立てが基本です。
本人に支払い能力がある限り、
保証人に返済の要求が来ても、断ることが出来ます

 

例えば、500万円の借金があるとして、
本人に300万円の支払い能力がある場合、
保証人は残りの200万円の支払い義務が生じます。
保証人が複数いる場合は、
残りの200万円を等分した支払い義務となります。

 

”連帯保証人”は、本人と全く同じ支払い義務が生じます。
つまり、500万円の借金なら、
連帯保証人には500万円の支払い義務が生じるのです。

 

 

責任の重さは違うが、本質は同じ!

 

保証人と連帯保証人では、
その契約の責任を負う度合い違ってきますが、
借金を一緒に背負っていかなければならないという、
本質的な意味では変わりはありません。

 

もちろん、本人がきちんと返せればいいですが、
返せずに借金に巻き込まれてしまうトラブルは非常に多いです。

 

先輩、友達、親族であっても、
借金の保証人になるのは絶対に避けましょう。